育苗 - 家庭菜園 趣味のメロン栽培

家庭菜園 趣味のメロン栽培

自宅庭と市民菜園でアールス系・ネット系の素人メロン栽培に挑戦しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

トマトなど・・・育苗の様子 

メロン以外の夏野菜の育苗の様子です。


既に、外は春の気候。これから成長が一気に加速すると思います。

今年は春が来るのが随分と早い気がしますが、気のせいでしょうか?









まずは、ピーマン。

アタリア農園の「早生ピーマン」という品種です。

たんまり3mℓも入っていて200円以下という手頃な種です。

室内で地温25℃管理して育てています。

今日で発芽10日目。

本葉がわずかに見える株もあります。

皮被りやネジレも少々ありますが、皮被りは取ろうと思っても取れませんので捨て株です。

室内窓際ですが、徒長はまったくしてません。

我が家では最も日のよく当たる一等地ですので、室内とか関係ないようです。










次は、トマト。

アタリア農園の「福寿トマト」という大玉品種。

2mℓ入って300円以下の安い部類の種です。

写真は発芽10日目。

細いのが、わさわさ生えていて、気色悪い感じです。

やや徒長気味ですが、問題ないレベルに抑えれています。

本葉が少し見え始めたので、昨日、セルトレイからポットに鉢上げしました。

根が予想以上に多く、やたら長い。地温管理の結果かなと思っています。










こちらが、鉢上げ後の本日の福寿トマト、発芽11日目です。

全部鉢上げすると場所が足りないため、半分だけ鉢上げしてビニール簡易温室の中に入れました。

残り半分は、セルトレイのままビニール簡易温室から出して、庭に放置中。(一応、ヒーターマットで加温はしている)

ヒーターマットで地温(根)を加温していれば、路地にビニールなしでさらしても霜さえなければ問題ないようです。










こちらは、発芽17日目のトマト達。


品種は、

  ?大玉トマト 桃太郎ファイト (タキイ 5年前の種)

  ?ミニトマト 千果 (タキイ 5年前の種)

  ?ミディトマト ルビーノ (サントリーの本気野菜シリーズで、昨年育て種を採取したもの)


この3種類のどれかです。(-_-; )




今更ですが、このトマト以降に播種したものは、ネームを立てて品種を記入しています。


誰か、見分け方知りませんか~~~










これは、キュウリ 「シャキット」 (タキイ 5年前の種) 

発芽して7日目。

やや、間延びしてますが、本葉も見えてそこそこ順調です。










こちらは、ミニカボチャ 「プッチーニ」 (サカタのタネ)

本日、発芽。

いや、まだ発芽途中かな・・・。













しかし・・・・


トマトとピーマンは、種を蒔きすぎてしまい困ってます。




勝手に当たると思い込んでいた自分が悪いのですが・・・







考えた末に、コレ↓を使うことにしました。







でも、まだまだ余ります。(;^_^A アセアセ・・・
スポンサーサイト

ピーマン発芽とジャガイモ植え付け 

2/28に播種したピーマンは、昨日は、↓こんな感じでした。





それまでは、上部をサランラップで覆っていたのですが、昨日それを取っておいたところ、




本日、ようやく顔を出しました。

播種4日目で既に発根していたので、その時に外せばもっと早く発芽できてたかもしれませんね。

まぁ、無事に発芽したので、しばらくは窓際で地温を加温しながら育苗してみます。






今日は天気が良いので、ジャガイモの植え付けも行いました。




狭い花壇ですので、種芋は買わず、
スーパーで買ったジャガイモの古くなったものを半月ぐらい日に当てて置いたものです。
1個を4等分しての植え付け。規模は小さいですが、楽しみです。






それと、昨日ポットに蒔いたメロンの種は、少し顔を覗かせています。




発根させてから播種すると、発芽も早いですね。

同様に発根させていたキュウリも、今朝確認したら根が出ていたので本日ポットに播種しました。

キュウリはちょっと時期が早すぎたかな(;^_^A アセアセ・・・

トマト発芽 

屋外に設置した育苗器は、予定通り換気ファンも取り付け↓こんな感じです。
小さいシロッコファンに、マルチビニールの芯を組み合わせて、梱包用テープで固定し、
上部の熱気を外に排出させています。
設置当初は、エアフローが悪かったので、ビニール室の下部は塞いで、左奥下部に吸気口を設けました。
ビニール室内温度測定用のセンサー部は、直射日光で誤作動しないようにアルミホイルでくるんで設置しています。




この育苗器にて播種したトマトは、早いものでは4日で発芽しました。





今日で6日目。8割程度が発芽しています。






続いては、屋内。





こちらは、屋内窓際設置の育苗器。
屋外設置の育苗器にて播種したトマトと同じ日に、こちら屋内ではピーマンを播種しています。





本日、播種6日目です。


播種4日目で、半分程度が上写真の状態となりましたが、
そこからが長いです。(;^_^A アセアセ・・・
まるで、他の仲間が顔を出すのを待っているみたいです。

現在は、すべての場所が、こんな感じにひょっこりと見えてますが、依然として顔だけは隠したままです。
天板のサランラップはもう必要なさそうなので、今日からは外して管理します。



このトマトとピーマン・・・

このままだとかなりの数の苗が出来上がりそうです。
それぞれ30株程度。

一応、庭栽培の計画では、トマト4株、ピーマン2株。面積的にもそれ以上は無理です。


実は、今年こそ当たると思い、これだけの数の種蒔きをしたのですが、、、、、

当たると思ったんですけどね













先日、こんなハガキが届きました。





( ̄- ̄メ)チッ!

今回もだろ!



応募していた市民農園

またしても「ハズレ」だそうです。

4年前から毎年応募しています。

今年は、なぜか抽選で当選する夢を見まして、

張り切って作付け計画まで立ててました。

たかだが20?が欲しくて欲しくて、今年は受付前日に往復はがきを出したのに!


「ウソだといってよ~」








まぁ、ジョーとか言ってても仕方が無いので気を取り直してメロンの先行発芽テストでもします。




昨年、スーパーで買った赤肉メロンのサッポロレッド。
なかなかおいしかったので、種を採取して確保していました。

今回はその種を、濡らしたティッシュでくるみ、上写真のようにビニールに入れて、温かい所に置いておきました。





2日後、すべての発根が確認できましたのでポットに植えました。

ポットは屋外簡易温室内で様子を見ます。
まずは、食べたメロンの種で、練習です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。