2012メロン - 家庭菜園 趣味のメロン栽培

家庭菜園 趣味のメロン栽培

自宅庭と市民菜園でアールス系・ネット系の素人メロン栽培に挑戦しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

ブログ移転のお知らせ 

こちらで続けておりました趣味のメロン栽培は、
以下のブログに統合することとしました。

http://blogs.yahoo.co.jp/hide2008farm

これまで私のブログを見てくれていた方々、
これからも宜しくお願いいたします。
スポンサーサイト
trackback: -- | comment: -- | edit

あれから1ヶ月。うちのメロン達の近況報告。 

なにげにブログ更新が滞っております。

仕事が忙しくて、それどころじゃないと、軽く言い訳でもしておきましょう(汗)

前回の記事から1ヶ月経過しました。

メロンの世話も、ブログ更新と同様に滞っていると調子が悪い事になりますが、そちらはなんとかやれています。

 

まずは、自宅庭からいきます。

IMG_4394

こちらは、赤肉アールス系の「妃春秋系」。

3株ともに健在です。どれも着果して初期肥大期の真っ最中。(小さなメロンですが)

この品種は生育がとても素直で病害にも強いという事がわかりましたので、来年も育ててみようと思います。

(今まで育てたアールス系の中で最も育てやすいです。)

 

IMG_4390

こちらは、赤肉アールス系の「ハイネス夏系」。

果勢が弱くてどうにも出来ず、かなり高い位置での着果です。病害も出やすく、既に1株ダウンし、

今はその場所には代わりに露地トマトを育てています。

なぜか、勝手に生えてきた品種不明のメロンがそのトマトの支柱に迫りつつあります。

 

どちらの区画も一応は着果した様子ですが、毎年恒例の棚栽培にも移行すべく、雨除け屋根の天井にネットを張りました。

8月頃には、天井一面に広がった遊び蔓からメロンがぶら下がる光景を今年も作ります。

 

 

IMG_4398

こちらの区画に植えた「妃春秋系」2株も健在で、着果はこれからの様子。

こちらも天井にネットを張って、棚栽培への移行準備は万全です。

メロン2株の左右に植えてあるキウイも蔓がどんどん伸びており、既に4mぐらいとなりました。

一番奥に見えるのは、「すくなカボチャ」。庭ではこれが一番の生長株ですね。

 

IMG_4397

最近は、プランターよりも生育が安定しやすいように感じているトロ箱での野菜栽培も行っています。

スーパーでタダで貰ってこれる「トロ箱」が、これほど良いとは思いませんでした。

余ったネットメロン苗も、トロ箱に1株ずつ植えています。

 

 

ここからは、市民菜園の畑の様子です。

 

IMG_4406

雨除けの無い野ざらしで育てている赤肉アールス系の「妃春秋系」2株と、「ハイネス夏系」2株。

下葉に斑点細菌病とうどんこ病が発生し、つる枯れ病の病斑らしき部位も見受けられる状況ですが、

ご覧のように、まだ4株とも健在です。

意外と露地でも育つもんだな~と感心しました。

ここまで来たら、是非とも収穫まで育ってほしいところです。

IMG_4403

こんな感じに着果したように見える雌花が幾つかあります。

丁度、梅雨の中休みで天候が安定していますので、膨らんでくれるかも。

IMG_4400

自宅庭でも市民菜園の畑でも、受粉の係は、この子達です。

本当は、ミツバチにやってもらいたいですが、贅沢は言いません。頑張って仕事に励んでください。

 

IMG_4409

こちらは、ちょうど1ヶ月前の記事で定植していた赤肉ネット系メロンの「夕張キングF2」と「キングルビーF2」。

それぞれ4株づつ、計8株を、2本仕立てにしています。

そろそろ受粉しそうな雌花も出てきています。

やはりというか、なんというか、畑での6月定植は生長がばかに早いですね。

あまりにも蔓の生長が早すぎると、根の生長が足りずに後々調子が悪い事になりかねないため、

地上部の生長をやや遅らせることで、根の生長の時間稼ぎとするために、あえて2本仕立てとしました。

ほぼ、目論見通りに進行しており、梅雨明けと初期肥大期ががっちり合いそうですので大玉に期待が持てそうです。

 

おまけで、他の野菜も紹介します。

IMG_4410

こちらは、ノーネットメロンの「ハニーオレンジ」を2株植えている場所ですが、どれがどれやら混雑しまくっています。

その原因は、狭いくせに欲張って色々と植えてしまっているためですが、その中でも「すくなカボチャ」の勢いが一番良いみたい。

IMG_4412

ご存知でしょうか?これが「すくなカボチャ」です。こんなのが幾つも生っています。

細長いので切りやすく、結構美味しいカボチャです。

 

IMG_4414

同じ場所に、大玉スイカも2種類育てていますが、まだ、こんな感じ。やや遅めの生りです。

品種は、「ゴスペル」と、「紅孔雀」。写真のは蔓が混み合っていてどちらの品種かは不明(汗)

2株で10個の収穫を予定しています。

 

IMG_4408

こちらは、小玉スイカのエリア。5株くらい、色々な品種を植えて育てています。

IMG_4417

既に生っているのが10個ぐらい。これから膨らみそうなのが十数個。

小玉スイカは20個ぐらいを予定しています。

 

ということで、今年の夏もメロンとスイカを食べまくる予定としています。

昨年はスイカ10個にメロン30個。今年は予定通りいけば、昨年の倍となりますが、ちゃんと育ってくれるかな?

 

しかし、まだまだ収穫できそうもないので、スーパーで1個買ってきました。

IMG_4399

重さを量ってみたら、9キロ。こんな大きなスイカ、作ってみたいですね。

定植後、もうすぐ1ヶ月のメロンなど 

 

ここ、東海地方も梅雨入りしました。今年の5月は雨が殆ど降らなかったため、畑には恵みの雨です。

普通、メロン栽培での雨は敬遠されるものですが、
自宅庭のメロン達は、雨除けがあるので梅雨もそれほど苦にはなりません。

梅雨入りしたということで、畑でメロンを栽培されておられる方々へ・・・、
畝が低いと根が水につかってしまいがちですが、メロンの根は酸素要求度がかなり高い部類ですので、
根腐れしやすいため、畝間に水が溜まるようでしたら、今のうちに排水溝を掘って改善しておくことを
お勧めします。また、梅雨明けや梅雨の合間の晴天日は、弱った根が葉の蒸散で更なるダメージを
受けて枯死することがよくありますのでご注意を。

 

こちら、前回の記事で定植やり直しを行ったアールス系メロンたちです。

1

あれから28日ぐらい経過しました。
やり直してからの生育はすこぶる順調で、すでに18節位ぐらいまで生長しています。

ただ、例年のごとく1株だけ病害株が発生しましたので、他の株にうつる前に抜いて処分しました。


ここに植えてある品種は、妃春秋系(左側)とハイネス夏系(右側)です。
初期生育はハイネスのほうが良かったですが、どうもハイネスはイマイチに感じています。

妃はうどんこ病の発生もなく、葉の生育具合・形状からも期待の品種です。



こちらは別の花壇に植えたアールス系メロン(妃)です。

2

この場所は日照条件が更に悪いため、先ほどの花壇よりも生育が悪いですが、
この程度なら問題なく育てれると思います。


自宅では、2階で小玉スイカのプランター栽培も始めました。
3
品種は、サマーオレンジミドルとミニ太陽。
まあまあ良い生育をしていますので、何個かは収穫できると思います。



今日は、畑にネットメロンを定植してきました。
4
昨年育てて調子が良かった2品種(夕張キングF2と、キングルビーF2)をそれぞれ4株づつ。
まだ支柱は準備途中ですが、蔓が伸び始めるころまでには準備完了させて、
2本仕立てにする予定です。


畑には、春先に低温実験したメロンを放置していたら、いつのまにか着果していました。
5
折角の実ですが、他の野菜栽培の都合上、撤去するつもりです。




こちらは、畑に定植して20日以上は経過しているアールス系メロンです。
6
当初は1株試しに植えただけでしたが、苗が余ってしまい、捨てるのを惜しんでついつい定植してしまいました。
そんな訳で、全部で4株となりました。妃とハイネスをそれぞれ2株づつです。
こちらは1本仕立ての半立ち栽培とします。



畑では、小玉スイカも幾つか植えています。
7
品種も色々で、

・マダーボール
・愛娘ひなた
・金のたまご
・黒竜

を、1~2株づつ植えています。これらはメロンのように立体栽培とします。

また、大玉スイカも2株植えています。
8

品種は、ゴスペルと紅孔雀。ようやく梅雨になりましたので、あと2週間ほどでベッドが蔓で一杯になるでしょう。
ベッドの片隅には、すくなカボチャと、ノーネット系メロンのハニーオレンジも植えています。これらは、
ネットを登らせての栽培とする予定です。

メロンの定植やり直し 

 

 

拙かった定植をやり直しました。

 

IMG_4106

畝立てて、透明マルチして、植え直して、支柱も準備。

ついでに、元気の無い苗は、予備苗と交換。

あと、写真を撮った後に、風除けも設置しました。

 

ようやく、メロンを育てている感じがしてきましたね。^^;
(脇の枝豆がすこし邪魔ですが…雰囲気だけは出てきたような)

 

 

 

こちらは、ハイネス夏系
IMG_4108

テンションメーターと地温測定用の棒温度計も設置。

今度は問題ない状態を確認してからの定植です。^^;


こちらは、妃春秋系
IMG_4109

こちらも問題ありません。

 

ということで、完全に仕切り直しての再スタートです。

 

 

ちなみに、先週植えたメロンの根の状態がどうなっていたかと申しますと、

IMG_4104

こんな感じでした。

まったく生長していない訳ではなかったようです。

ひょっとしたら、とりこし苦労だったのかも?

 

ちなみに、↑ この苗はイマイチだったので、↓ ここに植え替えました。

IMG_4105

ここは、キウイとキウイの間です。

左が先ほどの苗で、右は予備苗。どちらも「妃春秋系」

この場所は、当初の計画だと6月になったら
アールスロイヤルとロイヤルレッドを植える予定でしたが、
キウイを植えたために計画が狂い、苗も準備しませんでしたので、
余り苗の有効活用ということで少し予定より早いですが別の品種を定植しました。



これで定植したメロンは、

庭 ⇒ 妃春秋系(5株)、ハイネス夏系(3株)、夕張キングF2(1株)

畑 ⇒ ハイネス夏系(1株)

合計10株となりました。(自宅庭の定植はこれですべて終了です。)

 

次の定植予定は、6月上旬~中旬の間に、

畑へ「夕張キングF2」と「キングルビーF2」をそれぞれ5株づつの予定です。

そのあと更に、6月下旬に、畑へ「レイミ」を5株定植する計画としています。

というわけで、明日は夕張とキングルビーの播種をします。

 

しかし、予備苗がまだこれだけ残っています。

有効利用できないものか思案中です。

IMG_4110

ハイネスが2株、妃が1株残っているけど

さすがに1か月先の畑への定植予定日まで生かすのは無理だろうな~

強風と手抜きでメロン危うし! 

 

 

メロン栽培ブログだけど、本日はメロン以外の話題も加えてみます。

昨年から市民菜園の畑を借りたり、果樹を植えたり。

どうも、メロン栽培への意気込みが薄れつつあります。

いや~畑は楽しいですよ。庭ではできなかったあんな事やこんな事。

 

というわけで、まずは畑のことを書いてみましょう。

IMG_4076

こちらは、今朝のニンニクです。

先日、塔立ちしてニンニクの芽を

収穫し、炒めて食べました。

採れたては軟らかくて美味しいですね。

で、今朝は本体のほうを収穫しました。

 どうも、病気のようですが、なんとか収穫できる
 サイズになってくれてほっとしています。

 

IMG_4080

 

茎が太いので、中身も大きいだろうと

予想していたら、その通りになり、

車のトランクに入りきらない量が

採れました。^^

 

 








他にも、畑では色々と栽培中です。次に収穫できるのは、中晩成タマネギかな。

あと残っているのは、春ジャガイモ、トウモロコシぐらいですね。

あとアレもありました。冬どりタマネギの種球も育てています。

IMG_4081

こちらのジャガイモはキタアカリ。

もう、花も咲いてますね。

 

トウモロコシは雄穂はモチロン、

もうすぐ雌穂が出現すると思います。

6月中旬までには収穫できそう。。。

 

そんな畑で次に植えたのは、こちら。

IMG_4085

 

大玉スイカを2株植えました。

 

ゴスペルと紅孔雀。

どちらも、種からです。

 

IMG_4083

 

こちらには、小玉スイカなど。

こちらは立ち栽培してみます。

品種は、愛娘ひなた、黒竜、

それから、金のたまご、マダーボール。

あと、それらに混ざって1株だけ、

メロンを植えてみました。^^

 

IMG_4084

アールス系メロンの

「ハイネス夏系」です。

昨年はネット系メロンで

露地初チャレンジしましたが、

今年はアールス系でも

露地にチャレンジしてみます。

 

一応は、無農薬栽培で行うつもりです。どうなるか楽しみですね。

温度に関しては、地温・気温共に申し分ない環境なので期待できそうです。

 

自宅庭では、こんな果樹も始めました。

IMG_4015

 

よく成るキウイと書かれていますが、

 

品種は、「紅妃」と「早雄」。

 

近所のHCで買いましたが、

なかなか安くないですか~?

 

 

 

 

 

IMG_4020

 

買ってきたその日に、

こんな感じに植えてみたけど、

 

なにか違う気が・・・。

 

 

 

 

 

 

 

IMG_4036

で、結局はここに植えなおしました。

棚も手を加えて準備万端。・・・そのため、昨年はここでもメロンを栽培していましたが、こちらでの栽培は今年からは出来なくなりました。

IMG_4055

キウイを育てるのは初めてなので、本も買って勉強中です。

 

 

 

 





そうそう、題目に挙げた強風について、全然書いていませんでしたね。(汗)

最近は、やたらと風が強くて困っています。

こんな強風は、4月だけで十分。折角、定植を5月にずらしたのに・・・。

想定外だったため、なにも対策していなかった我が家の庭のメロン達は、少し可哀相な状況でした。

IMG_4029

 

 

IMG_4026

 

いつもの区画ですが、今年はかなりの手抜きです。

3月でも4月でもなく、5月定植なんだから、これでいいだろー的な発想で、

畝も作らなければ、マルチもしていない。もちろんトンネルも無いし、風除けも無い。

こんな無い尽くしでは、良い事はありませんね。

 

強風で、置くだけ定植した苗が、幾つか転んでました。^^;

しかも、転んだ苗の底を見たら、新しい根の発生がほとんど無い。。。

今更ながら、地温を測ったら、18?16?・・・まあ、その付近ということで、

恐らく最低地温は、根の生長が停止し、死んでいく温度に近かっただろうと容易に予想できました。

お恥ずかしい限りです。

ひとつ勉強になりました。「5月定植をなめたらアカン!!」

 

明日は朝から畝を作って透明マルチ張ります。

畝を作ることで、日が当たる面積が増え、地温上昇しやすくなります。

透明マルチを張ることで、上昇した地温が下がりにくくなります。

毎日のこの繰り返しで、地温は高く安定してくれます。

メロン栽培は、地温確保が最重要項目です。今更かも知れませんが、まだ間に合うと信じて行動します。

 

IMG_4027

 

こちらは、先週定植したときの写真。

(ハイネス夏系)

 

 

 

IMG_4092

 

こちらは、本日の様子。

1週間経ってもほぼ生長なし。

(小さな葉っぱが一枚増えていますが)

 

 




まだ、お亡くなりにならなかっただけ、マシかも知れません。

毎年、メロン栽培ではなにかしらチョンボをしてしまいます。

いつになったら、まともな栽培が出来るようになるんだろうか>オレ

ちなみに、この区画には、昨年埋め込んだ温水循環パイプを、これまた手抜きで撤去していなかったのが幸いし、弱った苗を温水で温めてやりました。

そのおかげで、ここ2~3日の最低気温9℃にも、なんとか耐えてくれたみたいです。

正直言うと、5月半ばでこの気温は想定外でしたが・・・。

 

そんな想定外は、ここにもありました。

IMG_4023

 

これ、2週間前に定植した夕張系のメロンです。

写真は、1週間前の物です。

なんか、生長悪いので気にはなっていました。

が、放置してました。(汗)

 

IMG_4091

 

こちらは、そのメロンの本日の様子。

 

なにか起きたんだろうと想像できますね。

 

 



このメロン、2日前の強風で、根こそぎ倒れてました。

マジか~!?と思いつつも植えなおそうとしたところ、想定外の奴らがビッシリと・・・

コガネムシの幼虫にたかられてました。全部で7匹。

そういえば、前にも同じような経験をしたことがありました。

あれは、スイカでしたが、萎れて枯れたので、植え替えようとしたら、根を食事中の幼虫が・・・。

コガネムシの幼虫は、ウリ科の根が大好きのようで、植えるとすぐに寄ってきます。

このメロンは、7匹に食いつかれてもまだ生きていました。しかも低地温にも耐えて・・・。

「ど根性メロン」と名付けましょうか。

どんな果実をつけてくれるのか楽しみです。ピョン吉のような黄色い果実でしょうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。