メロン失敗株の撤去 - 家庭菜園 趣味のメロン栽培

家庭菜園 趣味のメロン栽培

自宅庭と市民菜園でアールス系・ネット系の素人メロン栽培に挑戦しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

メロン失敗株の撤去 



あと半月程度でメロンの収穫が始まります。
その頃には、水切りと言って、糖度を上げるために潅水を中止し、
土壌水分を極限まで乾燥させて、葉に蓄えられた養分を果実に転流させます。

そんな訳で、同じ畝に植えているメロン株も同様に水切りすることとなりますので、
中途半端に育ちが遅れている株のメロンも水切りによって葉が枯れていくため、
まともに育てることは不可能です。

ということで、惜しいですが生育の遅れた株は小さなメロン共々撤去しました。
撤去した株数は4株。
風通しもよくなっていい感じです。

次回は、こんな事のないようにしっかりと育苗時から生育を揃えたいと思います。






次に記録としてこんな資料を残します。



↑これは悪い例




↑これは良い例


次回栽培時の摘果の際の見極めとしての記録です。
果実がよく肥大するポイントは、
結果枝の長さとその先に展開する葉の大きさですね。
良い例のように、主枝から出る結果枝は、太く長く大きな葉が付くように定植の段階から気を使うことが必要のようです。

別件ですが、写真のようにうどんこ病が蔓延中です。
なんとか持ちこたえて欲しいところ。







根洗いは、結局有効だったのか不明ですが、これだけ根を洗い出しても害は出ていないので、
なにかしらプラスになっているのかなと思います。






最後に全体像。


いい感じに玉がぶらさがってきました。
昨年、想像していた姿には劣りますが、まぁまぁうまくいっています。


右側の木枠は、今月末にはすべて収穫し、片付けることができるので、
2期作目をこのように考えています。


初めての試みですが、昨年10月頃に実験した感触ではうまくいくはずと思っています。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://1995hide.blog29.fc2.com/tb.php/395-e804d317
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。