玉拭きで殺菌とネット盛り上げ - 家庭菜園 趣味のメロン栽培

家庭菜園 趣味のメロン栽培

自宅庭と市民菜園でアールス系・ネット系の素人メロン栽培に挑戦しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

玉拭きで殺菌とネット盛り上げ 



ネットをよくする栽培の工夫のひとつに、玉拭きという方法がある。
「ダコニール1000」の1000倍希釈液をタオルに浸み込ませて、果実を拭いて軽く傷をつけてネットの盛り上がりをよくする方法だ。
これは、いったん出たネットの盛り上がりをよくする手段であり、太ネットが入り始めてから、3~4日おきに3回程度行なうと良いと、瀬古さんの書籍「メロンの作業便利帳」に書かれている。





このメロンは、今回で2回目の玉拭き。次は週末土曜日頃に行なう予定。
1回玉拭きしただけでも、パンナにしては随分とネットが盛り上がってきている。
パンナは、密な小さいネットの品種だが、玉拭きでこれほどアールスっぽく見える外観に出来るとは驚きです。





パンナの一番大きい果実は、前回からどれだけ生長しただろうか・・・。
とりあえずサイズを測ってみると、縦13.7cm、横13.5cm。
4日前は、縦13.5cm、横12.5cmだったので、思ったほどは生長していない。
ここのところ、本格的に梅雨が始まり、毎日凄い豪雨が続いていたので、その影響だろうと思う。
晴れて葉がしっかり日に当たると、もっと肥大が良いに違いない。





こちらは、サッポロレッドの一番大きい果実。
ネットの入りがイマイチで、半分坊主球に近い外観。
縦14.5cm、横13.5cm・・・んんん?パンナより大きくなっている。
4日前は、縦13.5cm、横11.5cmだったから、パンナよりも良い肥大だ。
ただし、サッポロレッドでこれだけ良い肥大を見せてくれているのはこの株だけ。
あとの株は、1.2kgぐらいのこじんまりとした果実。
やはり、実生だから、親のどちらに戻るかで、異なるのだろうと思う。
割ってみて、赤なら母親似。青なら父親似なんだろうな。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://1995hide.blog29.fc2.com/tb.php/399-10fd9d1a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。