トマト定植とキュウリその後 - 家庭菜園 趣味のメロン栽培

家庭菜園 趣味のメロン栽培

自宅庭と市民菜園でアールス系・ネット系の素人メロン栽培に挑戦しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

トマト定植とキュウリその後 

昨日より、連日良い天候が続いています。

すっかり春。日中、日差しのあるところは非常に暑く感じます。

温度計を見ると、日差しのあるところでは、日差しの影響を受けて25℃をさしています。

暑いわけですね^^





そんな中での定植して5日経過したキュウリ(シャキット)の様子です。




葉がたらーんとして元気のない様子です。

まだ、おそらく活着していないと思います。

この定植した場所は、今の時期は日差しが午前中に2時間程度しか当たらない場所。

日差しも温度も若干不足気味の様子です。

朝見ると、葉つゆは見えるので、もうしばらくの我慢なのかなと思っています。









そして、トマトも2株、先行して定植しています。

定植したのは二日前。4月5日(日)ちょうど某国がミサイルを発射した頃に定植しました。




まだ、定植して2日目ですので、見た感じなんら変わり映えしませんね。

品種は、「福寿トマト」発芽29日目での定植となりました。

もちろん、あさーく、あさーくということで、根鉢半分飛び出した浅植えとしています。

一月後の根洗いは、とても緊張しそうです^^;







簡易温室に残された残りの「福寿トマト」たちは・・・




ここ最近の気温と日差しで、一段と生長しています。

定植したものよりも大きく、既に背丈も30cmを余裕で超えています。

発芽31日目です。







同じく簡易温室内の「早生ピーマン」は・・・




発芽32日目。少し生長しています。

まだまだ一気に大きくなる気配がありません。

ポットの土表面を見る限りでは酸素不足と思えます。

少しホジホジして酸素供給してみるか?

鉢上げでもして環境を変えてやったほうがいいのか?それとも、もっと温度を上げてみる?

生長がいまひとつのため、なんだかよからぬことを考えてしまいます。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://1995hide.blog29.fc2.com/tb.php/418-16944d3a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。