キュウリ定植 - 家庭菜園 趣味のメロン栽培

家庭菜園 趣味のメロン栽培

自宅庭と市民菜園でアールス系・ネット系の素人メロン栽培に挑戦しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

キュウリ定植 

本日、キュウリを定植しました。




簡易温室から出して少しずつナラシてやり、

庭の定植予定地のトンネル内に丸2日置いて問題ないと判断できてからの定植です。


この定植場所は、2ヶ月ぐらい前から準備してマルチをしていましたので、

おかげで地温は充分出来上がっていたようです。銀マルチなので少し不安がありましたが、

トンネル張ったら、その夜からビニールが曇ってくる様子でしたので地温に関しては安心しています。




写真では分かりませんが、根鉢半分程度の浅植え定植にしてみました。

この寒い時期の定植は、深く植えたほうが活着が良いのでしょうが、

根洗いをやってみたくての浅植えです。

無事に活着してくれるでしょうか・・・。

ちなみに、今年のキュウリは過去で最も早く、例年より10日程度早いようです。









あと、本日の作業としては、メロン定植場所の準備をしています。

仕事から帰ってきてすぐ始めて、なんとか暗くなる前に終わったのでホッとしています。

メロンの苗も、そろそろ植え頃が近づいてますので、1日でも早く準備したかったのです。




30cm以上の高畝にして、ビニールマルチで保温しました。

畝の深さ15cm程度の地温をデータロガーと棒温度計のダブルで測定中です。

今現在、10℃程度ですので、予定通りいけば来週の後半には定植可能な温度まで上昇する筈です。

深さ15cm地点での地温20℃を確認することが出来次第、メロンの定植を進める予定です。

それまでに、水封マルチの材料も仕入れておかなければなりません。

1日ぐらいは雨が降ってくれないと、材料が手に入りませんので困ってしまいます。(汗)







こちらは、第一弾のメロン(サッポロレッド)の様子。




地温を少しずつ落として、定植までのナラシを既に始めています。







こちらは、第二弾と第三弾のメロン(アールス系、ネット系入り混じり)




第二弾は、本葉2.5枚。第三弾は、まだ双葉の状態です。

第三段は、セルトレイにも双葉の状態でたくさん控えています。







こちらは、鉢上げした発芽26日目の「福寿トマト」




本葉4.5枚まで生長しています。

この品種は、たぶん初期成育はおとなしめだと思うので、直根の生長をよくするためには今が植え頃です。

明日あたり、ナラシを始めようかと考えています。

トマトの定植も、例年より若干早くなりそうです。

以前は、こんな植え方をしたこともありましたが、今年は真逆の植え方「根洗い定植」をする予定です。




この福寿トマトと同じ程度に生育している「桃太郎ファイト」もありますが、

こちらの場合は今植えて暴れられて異常茎が発生しては困るので、定植はもう少し先にしようと考えています。


あまり品種特性知りませんので間違ったイメージかも知れませんが・・・。







こちらは、発芽27日目の「早生ピーマン」




全体的に、生育が遅い気がするのは気のせいでしょうか・・・・。

やっぱり、ピーマンはもう少し早い時期に播種しなければいけませんね。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://1995hide.blog29.fc2.com/tb.php/419-61b4bf70
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。