メロンの発芽温度と育苗管理方法 - 家庭菜園 趣味のメロン栽培

家庭菜園 趣味のメロン栽培

自宅庭と市民菜園でアールス系・ネット系の素人メロン栽培に挑戦しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

メロンの発芽温度と育苗管理方法 

メロンの発芽温度と育苗管理方法


覚え書きを記録します^^



露地メロン

・ポット育苗日数(9cmポットで26日)(12cmポットで30日)
・メロンの苗は、みずみずしい姿に仕上げなければならない。こじらせると果実はならない。
・発芽適温は28~30℃、生育適温は25~28℃、開花期は20℃以上の温度が必要で、
 15℃以下では開花、開やくが遅れる。
・根の生育適温は34℃、最低8℃、最高40℃である。
・浅根性で数本の太根から多数の細根が張り、10~15cmの深さに広く張る。
・育苗箱に床土を詰め、播種2~3日前に十分かん水しておき、床温を30℃に調整しておく。
・覆土後かん水し、新聞紙で覆う。
・発芽と同時に新聞紙を取り除き、徒長させないように換気を行う。
・蒔き箱で4日で発芽揃い、7日でポットに鉢上げする。
・鉢上げは子葉展開後(播種7~10日目頃)天気の良い日に行う。
・地温は発芽までは28~30℃、発芽後は26℃ 鉢上げ前は23℃とする。
・気温は昼温20~28℃、夜温18~20℃に管理する。
・摘心は本葉4枚を残して行う。
・定植7日前より外気にならす。
・本葉2.5~3.5枚を目安とし、地温が15℃以上に安定してから定植する。




ハウスメロン

・高温・乾燥を好み、降雨・多湿の条件には適応しない。
・種子の発芽適温は28~30℃で、生育には15℃以上の温度を必要とする。
・適温は夜間16~20℃、日中28~30℃、地温20~25℃である。
・育苗箱に床土を詰め、播種2~3日前に十分かん水しておき、床温を30℃に調整しておく。
・覆土後かん水し、新聞紙で覆い、発芽開始時に除去する。
・播種7~8日後の子葉展開時に鉢上げする。
・遅れると根を切りやすく、鉢上げ後の生育が不揃いになりやすい。
・鉢上げ前日に十分かん水し、鉢の地温25℃を確保する。
・鉢上げ後は1~2日間寒冷しゃを被覆し、活着を促進する。
・昼温は28℃前後、夜温20℃前後とし、高温多湿にならないようにする。
・地温は本葉が半展開の頃まで25℃前後、1.5~2.0葉の頃まで20~22℃、
 2.5葉頃から18℃前後に下げ徐々に馴化する。
・本葉3~3.5枚を目安とし、地温が15℃以上に安定してから定植する。



メロンは、地温を気温より2~3℃高く保つことが、他の果菜と異なる育苗ポイントのようです。

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://1995hide.blog29.fc2.com/tb.php/421-fb6e38c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。