第一弾苗の受粉準備 - 家庭菜園 趣味のメロン栽培

家庭菜園 趣味のメロン栽培

自宅庭と市民菜園でアールス系・ネット系の素人メロン栽培に挑戦しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

第一弾苗の受粉準備 


メインステージの木枠で育っているメロンの現状です。

第一弾苗は、4/13に定植(2株)
第二段苗は、4/27に定植(6株)

IMG_0843.jpg

ふと、手前の木枠に目をやると、マルチの下からメロンが突き上げてきています。
あれは、昨年摘果したメロンの種だな(汗)


 IMG_0826.jpg

今朝の気温(16.4℃)と地温(24.5℃)


第一弾苗は、これから12節前後の雌花が咲き乱れる直前です。
これまでの管理としては、10節以下の子蔓は、伸びる前にその都度除去しているだけです。
潅水は、一滴たりとも与えていません。

IMG_0842.jpg 
立ち栽培一本仕立ての場合、雄花は親蔓に咲き、親蔓から伸びてくる子蔓に雌花が咲きます。
子蔓は、第一節から順番に節目毎に雌花が付きますが、実を生らせるのは第一節です。
ここでは、着果しやすくするため、第一節の雌花が咲く前に、第二節の葉以降の先端を摘心します。
いわゆる「開花前の結果枝の二節摘心」というやつですね。
10節目の雌花は既に咲いた後でした。11~13節までも、1週間以内に花が開くと思います。

できれば、この段階で主枝の心止めも行うといいのですが、それはもう少し様子を見てからにします。
今週中には行う予定です。
デカメロンを確実に狙うためには、受粉直前での主枝の心止めは必要不可欠と考えています。


 

コメント

着果作戦!

改めて勉強になりました。
hideさんは 10節目から着果枝を伸ばしているんですね!
私は とにかく貪欲なもので、雌花を見ると”なんでもかんでも アチョー!”をしたくなります。
今年は 「開花前の結果枝の二節摘心」というやつを やってみますね!
そろそろデカメロンを作る作戦を考えないといけないなぁ と思っていますよ! 

K.Zメロン #mQop/nM. | URL | 2010/05/30 22:46 * edit *

K.Zメロンさんへ

私の場合、基本、本の受け売りですが、
不思議なもので、昨年読んでも意味が理解できなかった事が、年を追って少しずつ理解できるようになってきますね。
メロンの参考書は、「メロンの作業便利帳」と、「ハウスメロンをつくりこなす」の2冊持っていますが、まだまだここに書かれていることで理解できていない項目も多々あります。
「開花前の結果枝の二節摘心と心止め」は、果勢を強め、生殖生長型に転換させる効果があり、「植物の頂芽優勢の生理」のため、養分が止められた生長点から果実となるべき雌花に転流される=デカメロンという図式を考えています。

hide #LkZag.iM | URL | 2010/05/31 22:33 * edit *

私も!

私も前にメロンの作業便利帳を我慢できずに買っちゃいましたー!
これは私たちのバイブルなのだ!
”年を追って少しずつ理解できるようになってきますね。” この思いに賛同します。
買ってから、本を見開いた時、難しすぎてよく分かりませんでしたが、少しずつ意味が分かって来ました。 
理由は寝ながら読むではなく、起きている時に読む! です。 (なんのこっちゃ!)
hideさんの記事はもっと分かりやすいので、非常に助かりますよ!
ありがとうございます!
 

K.Zメロン #mQop/nM. | URL | 2010/06/01 00:39 * edit *

Re: 私も!

「ハウスメロンをつくりこなす」という本もなかなか濃い内容で面白いですよ!オススメです。

hide #- | URL | 2010/06/03 04:53 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://1995hide.blog29.fc2.com/tb.php/482-c30ab912
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。