デカメロン実験株に異変!? - 家庭菜園 趣味のメロン栽培

家庭菜園 趣味のメロン栽培

自宅庭と市民菜園でアールス系・ネット系の素人メロン栽培に挑戦しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

デカメロン実験株に異変!? 

前回こちらの記事で紹介したデカメロン実験株ですが、

その中から、あと12日で着果後55日に到達する予定の「実験ケース1パンナF2①のその後について記事を書いてみます。

実験1

この株は、既に6日前から灌水中止して水切り開始しています。
通常なら、水切りに耐えるか心配するところなのですが、この猛暑の中で異様な元気さを保っています。

この株は、上のイラストのように仕立てて育てているのですが、放任している遊び蔓が半端じゃないほど伸びていきました。

既に遊び蔓の長さは親蔓を遥かに超えています。

そして驚いたことに、その遊び蔓にいつのまにかメロンが幾つもぶら下がっていました。
いつもなら、摘果するところなのですが、気がついたときには既に摘果の範疇を超えた大きさになっていたため、ちょっととまどっています。


これがその写真です。


IMG_1159.jpg

写真のちょうど中央に写っている緑色のメロンが遊び蔓メロンの中で一番大きいもので、縦15cmあります。小さいのも合わせると5個ぐらいの遊び蔓メロンができています。

普通のネットメロン栽培なら、遊びツルを多くしすぎて草勢が強すぎると果勢が弱くなって肥大が悪くなるし、裂果の心配も出てくるので、整枝してバランスをコントロールする事が肝要のようですが、素人の私には経験が不足してなかなかそこまで判断できず、今回の実験株では「遊び蔓完全放任」という道を選択して今後の肥やしにするつもりでいたのですが、まさかこんなに大きな実ができるとは思ってもみませんでした。

肝心の20節で着果させたメインのメロンのほうは、肥大が悪くなるどころか、梅雨明け後の猛暑でますます肥大が促進してきた様子です。

この果実は、

結構大きな雌花でした。
IMG_0878.jpg

そして、着果が確認できたときは、なすび形でした。
IMG_0898.jpg


そして、現在は、こんな感じです。ちょっと逆光で見づらいですが・・・。
IMG_1170.jpg 

さて、何センチあるのか・・・何キロあるのか・・・・楽しみです。


あと12日で着果後55日なのですが、本当に55日でいいのか?F2なのでちょっと疑問が出てきました。

このまま水切り状態で55日を過ぎても結果枝の葉が枯れるまでは収穫しないほうがいいかなと思っています。




コメント

面白いです!
デカメロンのカラクリを分析する実験!
今後が楽しみですねー。
暗闇メロンが気になりますよ!

K.Zメロン #mQop/nM. | URL | 2010/07/30 00:23 * edit *

K.Zメロンさん、こんばんは。
今回の実験結果からは、単純に上位葉を増やしてもデカメロンになる訳ではない事がわかりました。
なかなか奥が深いですね。
暗闇メロン、収穫が待ち遠しいです。

hide #LkZag.iM | URL | 2010/07/30 23:28 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://1995hide.blog29.fc2.com/tb.php/500-4df55937
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。