夏季栽培メロン 最終結果 - 家庭菜園 趣味のメロン栽培

家庭菜園 趣味のメロン栽培

自宅庭と市民菜園でアールス系・ネット系の素人メロン栽培に挑戦しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

夏季栽培メロン 最終結果 




2010-09-12.gif
 



今年の収穫したメロン、ようやくすべて食べ終わりました。

大きいメロンはなかなか食べきれないし、切るのも一苦労でした。


今年は初めてアールス系メロンがそこそこうまく出来上がりました。ちゃんと育ったアールス系メロンは果肉も良く風味も良かったです。ネット系とは一線違います。

大きさで言えば、パンナF2の肥大には驚きました。
8/27に収穫した3050gの玉は、ちゃんと最後まで育てることができていれば、3600gになる筈でした。
更に付け加えると、2kg以下の物が無いという点もデカメロンの素質が伺える品種でした。
ただ、甘さが足りず、メロンというよりは、瓜でした。


糖度という点では、8/13収穫のアールスダンスがなんとかギリギリ合格点。
あとは、どれもこれも不満の残る結果でした。
糖度上昇のポイントとして、「昼夜の温度差が果実を甘くする」と聞きます。
今年の夏は異様な酷暑でしたので、夜間も気温が高く、無理もない話だと思っています。

ひとつ気になるのは、盛夏タイプのメロン品種ならば、今年ように暑い夏でもある程度は糖度が出てくれるのか?
これも試してみたい所です。


来年は、糖度16度を目標に、まだ夜間の気温がそれほど高くない6月に収穫できるように進める予定です。それを達成するためには、2~3月定植となるので今から対策を検討していく予定です。



コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://1995hide.blog29.fc2.com/tb.php/517-ccad3967
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。