つる枯れ病の処置と昨年の病害 - 家庭菜園 趣味のメロン栽培

家庭菜園 趣味のメロン栽培

自宅庭と市民菜園でアールス系・ネット系の素人メロン栽培に挑戦しています。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

つる枯れ病の処置と昨年の病害 

5月6日(金)



定植して14日経過した第2弾メロンに、なんらかの病害が発生しました。
発生部位は、茎の地ぎわ付近。

病害虫百科に書かれた次の診断ポイントから、つる割れ病か、つる枯れ病のいずれかと思われます。

  <つる割れ病>

    ・はじめ、茎の基部に水浸状の部分がところどころに現われ、表皮がひび割れて
     そこからヤニが出てくる。
    ・茎の地際部がなんとなく病的な色、不透明な感じになり、下葉の1~2枚が
     生気を失う。これを見分けられれば早期に発見可能。
    ・メロンの葉がしおれ、ぐったりと垂れ下がってきたらまずは本病を疑うこと。
    ・茎の基部に水浸状の病斑、赤褐色のヤニの塊があるかどうかを見るのが診断ポイント。

  <つる枯れ病>

    ・茎の地際部に最も発病しやすい。はじめ灰緑色、のちに黄褐色に変わる病斑を生じる。
    ・湿度の高いときは、病斑は水浸状を呈し、急速にひろがる。
    ・他の病気と見分けるには、病斑上に小黒粒点があるかどうかを見る。
    ・茎に病斑ができると、そこから先がしおれ、つる割れ病とまぎらわしいので注意。



第2弾メロンは、11品種を合計12株植えましたが、2株が死滅。
発病初期と思われる株が5株。無事な株が5株。

これが「つる割れ病」ならば、早期抜き取りし焼却処分することで、他の株に感染させないようにする必要がありますが、「つる枯れ病」ならば、早期に適切な処置を施せば治療も可能。

上記の病害特徴と照らし合わせてみると、つるが割れているのもあるため、つる割れのように見えますが、ヤニはまったく出ていない。しかし、発病初期のためか、つる枯れの小黒粒点が見当たらない。似た病害でえそ斑点病もあるが、これは本葉4~5葉期まで発病することがほとんどない。
さらに、foufou1119さんから「つる枯れ病」とアドバイスをいただいた。

ということで、発病初期の5株に以下の「つる枯れ病」の処置を行いました。

IMG_1954.jpg
準備したものは、カッターナイフとトップジンMペースト。


IMG_1955.jpg
これが、発病初期の茎。


IMG_1956.jpg
まずは、カッターナイフで病斑部を削りました。


IMG_1957.jpg
次に、削った箇所に薬剤「トップジンMペースト」をチューブから絞って塗布しました。

以上で完了です。無事に完治してほしいですね。


今年は、例年に無く以下の11種類という多品種栽培を試みています。

 ・クルーガー
 ・ローラン
 ・レイミ
 ・シャロン2号
 ・ロイヤルレッド
 ・アールスロイヤル
 ・アールスダンス
 ・市場小路
 ・キングルビー(F2)
 ・夕張キング(F2)
 ・アンデス5号(F2)

その理由は、昨年病害多発したことと、糖度が乗らなかったこと。
この2点について、うちの庭での栽培方法に適した品種を見つけたいからなのですが、
早くも脱落した品種が出てしまいました。

今のところ、うちの庭に適した品種は、「ローラン」と「市場小路」が一歩リード。
次点で、「レイミ」、「アールスロイヤル」ですね。




さて、2株は完全にダメになり、定植場所が空きました。

他の野菜を植えるにしても、あまりにも中途半端なスペースのため、再度メロンを種から育ててみようと思います。

IMGP0001.jpg

次なる品種は、これです。

昨年、この種から育ったメロンはすべての株が収穫まで育ちました。
ということで、かなり病害に強いと思われます。
さらに、この種から育ったメロンは、すべてが2~3kgと非常に大きくなりました。
(ただし、味はすべてイマイチでした^^;)

今年もK.Zメロンさんのブログで、デカメロンダービーを開催する予定があるようですので、この品種でエントリーしてみようと思います。^^






最後に、昨年育てたメロンの病害写真を集めてみました。
素人故に、何の病害か断定は出来ませんが、これらが今年も発生しないように今年の残りのメロン栽培を進めるつもりです。

<昨年のメロン病害>

IMG_0879.jpg
IMG_0929.jpg
IMG_0979.jpg
IMG_0980.jpg
IMG_0981.jpg
IMG_1043.jpg
IMG_1044.jpg
IMG_1045.jpg
IMG_1072.jpg
IMG_1085.jpg
IMG_1086.jpg
IMG_1135.jpg
IMG_1136.jpg
IMG_1139.jpg
IMG_1140.jpg
IMG_1171.jpg
IMG_1221.jpg
IMG_1262.jpg
IMG_1304.jpg

コメント

No title

こんにちは。つる割れ病は一般的に樹に負担のかかる着果期以降に発病する、厄介な病気という認識をしています。今回の画像でつるが割れているように見えるのは「立ち枯れ」症状を呈している、つまり、しぼんでいるために割れて見える、と思っています。今回の病気が「つる枯れ」であったら、低温多湿が原因です。ところで、病害症状画像を拝見しましたが、キュウリモザイクウイルス病を除き、多湿条件で発病する病害が多いな、という印象を受けました。気になったのが一枚目の画像と五枚目の画像です。一枚目は症状がはっきりわかりませんが、hideさんご自身はどう思われますか?一番身近で観察なさっている方の判断が重要です。五枚目は、病気ではないと思います。除草剤をまきませんでしたか?ホルモン障害だと思います。

foufou1119 #M.1Ebchc | URL | 2011/05/07 17:00 * edit *

Re: No title

foufou1119さん、こんにちは。
さすがプロの方、勉強になります。foufou1119さんがコメントしてくれなかったら、このような処置もできていなかったですし、復活する可能性もなかったように思います。ありがとうございました。
今回のつる枯れの原因ですが、隣家で日光がさえぎられて日が当たる時間が少ない場所ですので、それが主原因と思っています。ところで処置は説明書を見ながらやりましたが、あんな感じでよかったでしょうか?
昨年の病害は梅雨時期に多発していました。庭栽培では雨よけ屋根にも限度があり、雨を完全には防ぎきれず、なかなか難しいところです。
1枚目はべと病なのかな?と思っていました。5枚目はウイルス病を疑っていましたが、違うということであれば、そのころちょうど虫害が多かったため殺虫剤を散布した記憶があるのでそれかもしれません。あれほどの障害が出たということは、ひょっとしたら規定濃度を間違えたのかも知れませんね。^^;
写真だけでそこまでわかるとは、さすがです!

hide #LkZag.iM | URL | 2011/05/07 19:23 * edit *

復活を祈ります♪

貴重なアドバイスのもと、病気に対する処置を施されましたね。
頑張って下さい!
きっと その思いが伝わって、復活することでしょう!

K.Zメロン #mQop/nM. | URL | 2011/05/08 18:38 * edit *

Re: 復活を祈ります♪

K.Zメロンさん、こんにちは。
ホント貴重なアドバイスでした。おかげさまで処置した5株は気のせいと思いますがなんとなく元気を取り戻したように見えます。

hide #- | URL | 2011/05/08 19:52 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://1995hide.blog29.fc2.com/tb.php/543-e2495edb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。